窓ガラスに絵を入れるのはとてもアートじゃない?

stained_glass
教会などでよくステンドグラスを見かけますが、窓ガラスに絵を入れるのはとてもアートじゃないのかな?と思います。あるいはとても斬新な印象も受けます。それに教会だけでなくお店などの窓ガラスにもステンドグラスのような色鮮やかな装飾がしてあると、とてもオシャレな印象を受けるでしょうね。その代り、一般のお家の窓ガラスにステンドグラスのような装飾が施されてあると、ちょっと引いてしまうかもしれませんね。

それから教会のステンドグラスのような派手な装飾ではなくて、花柄模様などオシャレなガラス用の装飾フィルムというのはいろいろとあるようですね。例えば装飾フィルムと入力をしてネットで調べてみると、実にいろんな装飾フィルムの画像が掲載されています。しかも、窓ガラスにそういった装飾用フィルムを張り付けるだけなので、それ程費用がかかるということもありません。また外からの光を完全に遮断するというようなフィルムでもないので、採光用の窓ガラスなどにそういった装飾用のフィルムを張り付けるととてもオシャレな印象を受けると思うのです。それにガラス用の装飾フィルムというのは、事務所などでよく見かけるような間仕切り用のガラスなど、プライバシーを守るためだけのスモークフィルムなどもあるようですね。

また近頃では、窓ガラスだけでなく街の壁などに絵が描かれているようなケースもあります。例えば、私はよく海に魚釣りに行くのですが、防波堤の大きな岸壁に絵が描かれているような港もあります。それこそ、窓ガラスに絵を入れる以上にアートチックに思えますね。港といえば漁師が魚を取るのに利用する職場のようなものですが、休日になると釣り人が趣味で訪れるということもあって、漁港の漁業協同組合の組合長さんあたりが岸壁に絵を描くことを思いついたのだと思うのです。従ってそういった発想をする人というのは、とても心に余裕のある人なのかもしれませんね。